家づくりに建築家が必要な理由

建築家ってなんでしょう?

単なるデザイナーではありません。

工事を請負うわけでもありません。

施工者と建主を仲介し斡旋料を得る業種でもありません。

知られているようで知られていないのが僕たちの職種です。

家を建てるには、
工事を発注する側=建主と、
発注される側=工事請負業者がいます。

工事を発注する為には、
建主の要望を具体的な計画図面としてまとめた、
“工事発注図書“が必要です。

本来、それは、発注する側(=建主)が準備すべきものです。

ところが、日本では、発注される側(=工事請負業者)によって作られることが大半なのです。

なぜ日本の注文住宅は、建売住宅とあまりかわらないものが多いのか。

それは、発注する側(=建主)が主体となって、工事発注図書を準備できないからです。

じっくりと求めているものを検討する時間もなく、請負業者の営業的な位置づけで行なわれる設計、
どのような家に住みたいかではなく、どうすれば手間がなく簡単につくれるかが先行する設計、

これらには、どうしても限界があります。

僕たち建築家の大きな役割は、
工事を発注する側(=建主)に委託された専門家として、
建主が本当に求めているものに気付くプロセスを提供し、
工事発注図書としてまとめることです。

そして、工事発注後は、
発注される側(=工事請負業者)と利害関係を持たない第三者の立場から、
現場と図面の照合を行うことなのです。

そのように考えると、家をつくる際に建築家が必要な理由が、
単なる図面引きや確認申請だけにあるわけではないことがお分かり頂けるかと思います。

受身で家をつくらないためのヒントが、建築家との家づくりの中にあるのです。